iPhoneに乗換をする場合はオンライン予約を活用

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

見比べるポイント

アプリケーション

iPhoneは通常であれば1年に1回しか新しいモデルを販売しませんが、今年は少々異なり半年で新しいモデルが発売されました。販売が終了したモデルを除くと現状公式から販売されているiPhoneは5つとなっており、その機能やスペックも少々異なっています。同じメーカーから販売されているモデルなので何が異なっているのか分からない人も多いでしょう。そのような場合はメーカー公式webサイトに掲載されているスペック比較表や、有志が作成してくれた比較記事などを見るのが参考になります。現状発売されている5つの大きな違いはなんといっても画面サイズになるでしょう。
ここ数年、スマートフォン製品の高機能化やバッテリーの大容量化に伴い、本体が4.7インチを超える大きめのモデルが多い傾向にありました。大きな画面は確かに見やすいですが、片手で操作することに少々不便を感じる人もいるでしょう。iPhoneユーザーにもそのような不便を感じている人も少なからずいましたが、ことし3月に発売された最新モデルでは4インチが復活したので、片手操作にこだわるユーザーには非常に最適です。比較をする場合は自分が片手操作にこだわるかという点を最初に考えると良いでしょう。次に比較するポイントは本体の記憶容量です。今年3月に発売された4インチ小型モデルには128GBの容量選択肢が無いので、動画などのメディアを大量に保存するユーザーには注意が必要です。そして最後に比較すべきポイントは搭載されているチップの性能で、これはiPhone自体の動作速度に関わってくる重要な箇所です。